ビンゴカードの法人のお客様へ
  • お電話は、平日9時から18時まで *「ビンゴカード.jpを見て電話しています」とお伝えいただくとスムーズです。
  • 無料サンプルビンゴカード白紙
    ビンゴカードの印刷をご検討のお客様に、ビンゴカードの無料サンプルを配布しております。詳しくは、お問い合わせフォームからご連絡下さい。
  • お見積・請求書
    法人のお客様向けに、お見積書の作成から領収書の発行など迅速に対応させて頂きます。
ビンゴカード.jpは、法人の販促イベントや展示会イベントで多くの発注を頂いております。法人のお客様向けに、集客効果を高めるビンゴカードを活用したイベントの提案を行なっております。

ビンゴカード印刷について

  • ビンゴカード印刷サービスとは、展示会や販促イベントを行う企業に対して、ビンゴカード、あるいは、イベント参加者が紙に穴を空けたり、スタンプを押したりすることでゲームや企画が進行するカードを「より効果的な集客・販促ツール」をとして印刷・制作・提供する事業です。

ビンゴカード > 見込客抽出ツール「販促ビンゴカード」見込み客の重要性を考える


はじめに

ターゲットと見込み客

あなたの商品・サービスを購入してくれる人は誰ですか?

例えば、車を販売しようと考えた場合、
購入してくれる人は、運転免許書を持っている人、
あるいは、近い将来、運転免許書を取得する人ですが、
これでは、ターゲットが広過ぎます。

運転免許書を持っている人全員に対して、
プロモーションするには相当な費用が掛かりますし、
闇雲に行っては、成約率は非常に低くなります。

ターゲットを絞り込む

そこで、あなたが販売する商品・サービスを手にした際、
誰に最も価値を感じて貰えるか、誰が最も満足するのかを考えます。

例えば、「ダイハツのタント」があなたの商品である場合、
その車の特徴から、「3歳〜5歳の子供を持つママ」をターゲットにして、
販売促進の施策を考えてみましょう。

集客後の次なる課題:見込み客の判別

さて、では実際に、折り込みチラシやポスティングで、
自分の店舗へ集客を行ったとします。

そこで、次の課題が生まれます。
どのお客様が、どんな人か分からない。
どのお客様が、購入してくれる可能性が高いか分からない。

集客した後、重要になるのは、当然ながら成約することです。
成約する上で、重要なことは、
「購入する可能性があるお客様」=「見込み客」が
誰なのかを見極めると言うことです。

ターゲティング・集客・見込み客抽出・成約における5つの課題

この部分が、ビジネスを行われている多くの方の悩みです。

 ◇ターゲットをどのように決めるか?
 ◇ターゲットをどのように集客するか?
 ◇見込客をどのように判別するか?
 ◇最も確度の高い見込客をどう抽出するか?
 ◇成約までの流れをどのように仕組み化するか?

これらの点について、引き続き、詳しく考えていきます。


NEXT:見込み客獲得から成約までの7つのステップ »




ビンゴカード|ページの先頭に戻る